2020年賀ページ 社長9年目の事業の近況と感じていること

新年あけましておめでとうございます。

株式会社 Kaeru 代表取締役 大崎弘子です。
新年が落ち着いたこの時期に、前年を振り返り、年賀ページを公開しています。

2019年は、コワーキングBar「コナイト」をオープンしたり、沖縄オフィスをつくったり、社員が0人から5人に増えたり、関西経団連と同友会から「輝く女性賞」をいただいたり、変化と成長を感じる1年でした。

コワーキングBar「コナイト」オープン

わたしは、お酒を飲むときくらい仕事を忘れて…というタイプではありません。仕事の話しを肴にお酒が飲みたい人たちが大好きです。

お互いの仕事について話すことで、ヒントになったり、がんばろうと思えたりします。うまく行ったことを一緒にお祝いしたり、うまく行かないときに相談したりしたいんです。仕事も遊びも人生も一緒に語れるような人が集うカジュアルなバーが本町に欲しかったんです。

料金プランはドキドキしながらの挑戦、月5,000円で毎日一杯無料、お連れ様も毎日一杯無料という破格な会員制度と普通に1杯500円の二種類の価格設定にしました。

覚悟はしていましたが、まだまだ赤字なので、本町近辺にお越しの際はお立ち寄りくださいね。

曜日によって女性の経営者や個人事業主が店長をしていたり、デザインやカメラ、ドローンと遊びが得意なマスターがいたりします。

わたしは、ほぼ毎日21時〜22時ごろ行ってます。「いついるの?」は、Facebook や Chatwork などでお気軽にご連絡ください。

「輝く女性賞」関西財界セミナー賞2019

関西経済連合会と関西経済同友会が主催する「関西財界セミナー賞2019」にて、「輝く女性賞」をいただきました。

オオサカンスペースをオープン時から利用いただいている「akippa(駐車場シェアリングサービス)」などメンバー成功が受賞の要因だと思っています。

高校生活が続けられなくて、通信に転校して合計4年も通い、そこから専業主婦になって、子どもをふたり生んで、離婚、シングルマザーになった人生を振り返ると経済界から賞をいただくというのは光栄(すぎる)ことです。

チャットワークに単なるメールサポートのアルバイトとして入って、社長秘書になって、子会社の社長になって、MBOしてと生きてきましたが、どこか肩に力が入って生きていましたが、自分らしく生きながら社長業を続けていいんだと思わせてくれるきっかけになりました。

沖縄オフィス「Howlive」

Kaeru社のシステムを任せられるスタッフが欲しいと思ったときに、迷わず沖縄に求人を出しました。その求人に応募してくれたのが西村さんです。

ずっと沖縄オフィスを探していたのですが、沖縄のライカムという場所にhowliveができたことで契約となりました。(詳細は西村さんの書いたブログをご覧ください

沖縄オフィスができたことをきっかけに社員全員で「沖縄研修」にいって、それぞれが会社に対して思ってることを本音でプレゼン、結果役職を交換することにもつながりました。

オオサカンスペース8周年

今日、2020年1月14日オオサカンスペースは8周年を迎えました。長年の希望だったホームページもリニューアル!

月に1回のメンバー交流&新メンバー歓迎イベント「持ち寄り部」や半年に1回お互いのやりたいことを共有する「これから会議」など、相変わらずオオサカンはオオサカンらしく本町の片隅で健在です。

atus

アフィリエイトスクール「atus(エータス)」もKaeruの大好きな事業のひとつです。

過去最高にアフィリエイトについて言語化できた年になったと思っています。できる人が当たり前にやってることをかみ砕いて表現することは難しいことですが、できたときの快感は癖になりそうです。

事業のひとつひとつについて伝えたいことはまだまだたくさんあるのですが、今日はそろそろ書き終えようと思います。

社会の課題をひとつでも多く解決したいと思っています。でも、社会の課題は解決が難しいからこそ課題として残っていると知っています。だから、社会の課題を小さく小さく小さくわけて、ほんのひとかけらでいいので、自分の得意なことを活かして解決したいです。

社会課題を解決する事業は、スケールが見えないことがほとんどですが、だからやらないのではなく、自分の得意なことを活かして解決できそうな社会の課題を見つけたら、スモールビジネスでいいので、存続可能な事業としてスタートしたいと思っています。

まだまだ、知らないことで、失敗だらけですが、どうか支えてください。

いつもありがとうございます。2020年もよろしくお願いします。