大阪と沖縄、リアルとオンライン、ハイブリッドで動き始めたKaeruの新しい職場様式

Kaeru大阪本社に勤務しています宮田恵です。オオサカンスペースの店長としてコミュニティ運営に携わり(2020年6月現在)、またKaeru内にあるさまざまな事業の運営にも関わっています。

Kaeru社スタッフ全員が在宅勤務に!

2020年3月下旬から5月末まで、新型コロナウィルス感染拡大防止のためスタッフは全員、在宅勤務になりました。もともと沖縄在住でサテライトオフィス勤務の西村ももちろんしばらくは在宅勤務に。

在宅勤務中は毎朝ミーティング

この在宅勤務でKaeruスタッフには新習慣が定着しました。それは朝のオンラインミーティングです。家族のこと、自分の環境、思ってること、雑談のように、それは毎日繰り返されました。その新習慣のおかげで、いままで大阪と沖縄って離れてると思い込んでいた意識が、大きく変わっていくのを感じました。

聞きたいことがすぐに聞ける!会う場所や時間を約束しなくてもいい!!

在宅勤務のときはここに出社!

それによって、ひとつひとつの業務スピードが格段に早くなりました。日々変わる、コロナ禍の情勢に遅れを取ることなく、むしろ進化できた事業もあります。スタッフの日々の雑談のようなコミュニケーションが、事業の前進を早める効果があるなんて!

またお互いの仕事以外の生活状況に理解が深まり、思いやれる気持ちと信頼も生まれたことも大きな収穫でした。

5月下旬にさしかかり、スタッフから「朝礼は続けましょう!」と声が上がり、代表の大崎が一番ビックリしていました笑

これからは新しい職場様式はハイブリッドで

在宅勤務のいいところも見つけ、やっぱりリアル出勤の良さにも気づいて、オンラインでいつでもサクっと意見交換できるツールにも慣れ、6月からはKaeruの新しい職場様式が出来上がりつつあります。

大阪と沖縄、リアルとオンライン、時間や距離を感じることなくハイブリッドな職場になっています。Kaeruという会社に、次なる可能性を感じながらこのブログを書いています。

2020年6月 宮田恵(大阪勤務)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください